千ちゃんと山ちゃん

阿部寛似の山ちゃんと秘密の関係・・・そんな恋物語です

ワガママ言ってやった(笑)

昨日、異動の話が濃厚になり、一気にやる気がなくなり、落ちてる千さんです✋

事務職に戻るんですが、携わったことのない分野にいくので不安しかないのです😢



山ちゃんに


「出来る気がしない💦😅」


「やる気が出ない😢」


「もうやだぁ😭💦💦」


って散々朝から✉️でわめき散らして(笑)


そしたら夕方山ちゃん


「今日は会おうや😆癒したるから(⌒‐⌒)」


って言ってくれて‼️

それから頑張って仕事中して、今日は私の家の近くまで来て会った☆ミ


最初は仕事の話から始まり・・・


山「出来るよ~大丈夫やって」


私「出来るかなぁ(..)出来る気がしない(笑)」


山「そんなん言うて今まで来たんやからいけるよ!」


って励ましてくれる山ちゃん。


今日会うのも山ちゃん気を使ってくれて2、30分だけでもいいよって言うてくれたんです。


私の母さんのこともあってね😅


山「そうしたら仕事が遅くて帰ってきたって感じになるやん?何かさぁ、バレた時が怖いやんか(笑)」


私「そっか・・・それもありやね」


山「そやろ❓️!どうしたらいけるか・・・悪知恵が働くって言うね(笑)」


私「なるほど(笑)」


山「俺がどうしても土日無理なこと多いから平日の終わってからになるやん??そやから・・・そりゃ長く居たいけどな」


山ちゃんも私に会いたいってことがすごく実感して嬉しかった(*´ω`*)


その後は狼山ちゃん(笑)


チューしまくり(///ω///)♪


山「汗臭いやろ?」


私「ん?ちょっとするけどわからん。」


ギューッてして頭撫で撫でしてもらって・・・


山「ってか最近、充電切れるの早ない??」


私「うん。」


山「うんて(笑)これで3日は持つな」


私「え~無理(笑)」


この間会社の人が山ちゃんと同じ匂いがするった話したの。


山「あ、多分加齢臭ちゃう?」


私「そうなんかなぁ?ずっと思っててね、なんでだろーって」


山「加齢臭やろな、俺、コロンとかつけてないしな」


私「それか・・・車の匂い⁉️」


山「タバコちゃう??」


私「あ、タバコか・・・」


山「そんな関係ちゃうし(笑)」


私「それはわかってる!!(笑)」


その後はイチャイチャ色々(///ω///)♪

でもってやっぱり怖くてね💦


山「出た、怖い(笑)」


私「・・・」


山「怖い??」


私「怖い・・・」


山「俺が怖い?」


私「俺は怖くない」


山「じゃあ何?」


私「スイッチが入った山ちゃんが怖い」


山「俺やん!!(笑)」


私「違うねんて、何ていえば・・・」


山「じゃあ、ゆっくり?から入るってのもあれやけど」


って言いながら優しくチューしてくれた山ちゃん。

でも、やっぱり舌いれてくるねん。


飲みに行きたい話もした。

山ちゃんが運転して行くか電車で行くか泊まりか・・・


山「それか俺ノンアルコール10杯くらい飲めば良いやん」


とか言って(笑)

とりあえず追々考えるとして飲みには行ける(*´ω`*)

あと、どうでも良い✉️してる話もしたけど全然大丈夫やって(*^^*)


山「全然!!すぐに返事出来やんだけで。いねるよ☆ミだから返って来なくても気にせんでええよ(*^^*)」


伝えたいことは伝える。

大事なことやね☆ミ


で、今日は早めに解散。


私「私、出来るかなぁ😢」


山「出来るよ☆ミ大丈夫」


って撫で撫でしてもらって(///∇///)


とりあえずラスト1日頑張ります‼️