千ちゃんと山ちゃん

阿部寛似の山ちゃんと秘密の関係・・・そんな恋物語です

濃い濃い数時間(ほんまに内容濃いです)

今日は山ちゃんが会議で「気が向いたら電話するわ」って昨日言ってくれていたので、ドキドキしながら今日1日過ごしていました。
夕方、16時前に山ちゃんからメール


「早く終わったわ。会いたいかい?(笑)」とのメール。


めっちゃ嬉しかった☆


けど、その時、家に私だけで母に至っては鍵を持って出ておらず、鍵をかけてしまうと閉め出し状態になってしまうため、お兄が帰ってくるのを待って会いに行きました☆


ただ時間的に「ちょっとしか時間作れやんかも」って山ちゃん。


とりあえず待ち合わせに急いでたら


「今日はホテルに行こうか?(笑」と


何を言い出すんや?!って思いながら待ち合わせ場所に。


暗くて山ちゃんの車を見つけられず😅
メール。
目の前にあった(笑)


「No.覚えてないんか?」って(笑)


で、とりあえず走り出す
山「さっき変なメールしたやろ?」


私「え?うん。アホか!って思った!(笑)」


山「俺はアホですよ~」


私「てか早く帰らなアカンのちゃうん?!」


山「ちゃーんと手を打ってあります」


あら( ・∇・)素晴らしい


結局本当に山ちゃんにホテルに連れ込まれた😅


運転疲れたからゆっくりしたいねんって山ちゃん。


着いたら、おふろに入り出す山ちゃん。


ホテルなんて久々過ぎて何か緊張(笑)


で、出てきたら、バスローブが短い山ちゃん(笑)

デカイからな、山ちゃん😅


で、そのままギューってしてくれてキスする山ちゃん。


山「こんな風になりたかったんか?」


私「・・・成り行?わからん」


山「そやろな(笑)」
ギューってしてくれて
山「どんな気分?」


私「ホッとする」


山「ホッとする?俺が好きか?」


うん。って頷いたら再びキスしてくる山ちゃん。



だけども山ちゃん激しくてディープキスの連発!
もうただただびっくりで(笑)


山「何かチュウだけで満足してない?」
でも頭撫で撫でとバックバグはしてくれた(*´ω`*)



で、流れで・・・・(///∇///)


耳元で囁くし、首筋舐めるし・・・
で、脱がされた(笑)



あ、でも完全にヤってない!
大丈夫☆


ベッドでかなりイチャイチャしたけど(笑)
ディープキス激しすぎて改めて鏡見たら唇真っ赤(笑)若干痛いくらい(笑)


どんだけ吸うねんてくらい、山ちゃんは激しかった(笑)


S山ちゃん連発(笑)


で、お互い肉体的な関係は望んでいないということを認識。


ま、でもこれからも愚痴も聞いてくれるし、充電はしてくれるって山ちゃん言ってくれた(*^^*)
会うの辞めようって思ったらどうしよって思ったけど😓


山「ま、でも好きな気持ちは嬉しいけど、俺にハマり過ぎたらアカンよ。
逆に嫌いにならなあかん」って。


それはほんまにそう。
でも今は好きで居ようと思います☆



ちなみにブラック山ちゃんは、ただのエロおやじでした(笑)


別れ際、


山「久々に人肌に触れたわ(*´ω`*)」


私「私だってそうやし!何十年ぶりやもん」


山「2ヶ月は充電持つな👊(笑)」


私「(笑)」


山「2ヶ月一人でヤるの禁止な」


エロおやじ山ちゃん(笑)



何かでもすごい気が楽になった☆


愛されたって実感が強くて・・・


ほんまにしばらく大丈夫な気がします(^◇^)


最後にちゃーんと頭ぽんぽん2回して貰って帰ってきました(*´∀`)♪