千ちゃんと山ちゃん

阿部寛似の山ちゃんと秘密の関係・・・そんな恋物語です

約1週間ぶり

さて、修行期間(?)が終わりまして、ひさしぶりに山ちゃんと電話しました(*^-^*)
連休明けということもあり、電話がかかってきたのは21時前。


私「今日は忙しかった?」


山「忙しいなぁ・・・値上げ商品のリストアップしなアカンから、そろそろ💦💦」


仕事の話で、いつもはスタート。


私「あ、土曜日なんで遅かったん?」


山「え?土曜日?」


私「会議遅かったんちがうん?」


山「あ~あれは請求書の整理!一年くらい溜まってしまってて、皆で整理しよってなって・・・会議は3時過ぎに終ったで」


あれ?
何か深刻な問題じゃなかったの(°▽°)?
ちょっと心配して損しましたf(^ー^;


私「昨日は帰って寝たん?(笑)」


山「昨日?寝たよ!めちゃめちゃ寝た!」


私「(笑)」


山「前の日、帰って来たの3、4時やってん」


私「朝の(´・ω・`)?」


山「うん。ちょっと大阪出ててなぁ~で、昨日、用事あって・・・けど、寝かしてって言うて、あとの分は嫁に任して。で、お昼寝って(笑)」


私「そうなんや(笑)」


山「・・・てっきり、下界に下りてくるんかと思ってた」


※私がちょっと山の方に家があるため


私「え!?私!?ううん、違う。なんで?」


山「だって、メールくれたのはそのつもりやったん違うかなぁって」


私「ううん、ちょうど家帰ってきたとこで何してんかなぁって思っただけ(笑)」


山「そうなん?もしかしてワガママ言うんかなって思ってんけど?」


私「ワガママ?ううん、違う✋」



山「なんや、そうなん(・_・)」



私「うん・・・ほんまはちょっとあったけど・・・お昼寝するって言うてたから邪魔はしたくないなぁって(笑)」



山「そんなん・・・どうにでもするし、言うてくれたら良かったのに。あんま時間作れやんかったと思うけど」


私「え?でも、何か悪いもん・・・」



山「ええよ?そんなん。ワガママ言うてくれて。聞いたるよ?」



きゃー(///∇///)


聞いてて恥ずかしくなった(*>ω<*)
絶対山ちゃん目の前にしてたら、顔、真っ赤やったはず私(笑)


山ちゃんは、ほんまに私のこと少しでも好きと思ってくれてるかなぁって最近不安になること多かったけど、安心しました(*´∇`*)



さ、また明日も頑張ろう!
あ、明日はバレンタインデーですね(*^-^*)


ちなみに山ちゃんには何も言ってないです(笑)